仏壇は仏壇店と仏壇通販で激安VS買い替え仏壇購入安いどっち?

仏壇店と仏壇通販の仏壇サイズと値段で選ぶ激安VS買い替えモダン仏壇やミニ仏壇の仏壇屋比較でクーポンや仏壇購入安いどっち?!仏壇仏具が安い繰り出し位牌や仏壇店おすすめ金宝堂や人気メモリアル仏壇ランキングの仏壇は向き置き場所設置容易で仏具セット購入の秘訣コツ!

仏壇

仏壇は仏壇店と仏壇通販どっち?ミニ仏壇やモダン仏壇が洋風の部屋にインテリアの様に馴染み

仏壇サイズもコンパクトで向き~設置も容易でで激安VS買い替え仏壇購入するの?

仏壇価格も手ごろなので仏具セットでの購入が今は人気だ!

いい仏壇おすすめの5つの理由

・クーポン、資料請求、お問い合わせ、各種相談はすべて無料 ・クーポン発行数10万件突破(2018年2月現在) ・最大10万円分のギフトカードをプレゼント ・お近くの仏壇店の口コミが見つかる ・上場企業の運営だから安心 全国8,000件以上の仏壇店から貴方のご希望の仏壇をご紹介

仏壇の選び方

選び方と買い替え~仏壇店探し方~コツ購入値段は?

仏壇の選び方や仏壇購入秘訣~仏壇店探し方コツ

お仏壇値段と仏壇サイズcmがピッタリ!

仏壇購入の方法

仏壇サイズと値段の金宝堂やメモリアル仏壇など仏壇おすすめお仏壇サイズはcmまでぴったり収まる!

仏壇店探し方

仏壇サイズと値段で選ぶ金宝堂やメモリアル仏壇など仏壇の比較でクーポンゲットで

さらに安いアウトレット仏壇がおすすめ人気ランキング!

全国8,000件以上の仏壇・仏具店からご希望の仏壇をご紹介

ミニ仏壇

お位牌・仏像を手元供養できるミニ仏壇略式使える幅160㎜程度のミニ仏壇も人気です。

ミニ仏壇モダンなら柔らかいデザインで黒紫檀や紫紫檀で色合いもシックで欄間から扉まで螺鈿細工が施されているスタイリッシュさがあります。

伝統型とモダンを融合させ改良されたミニ仏壇は、膳引きや収納引き出しも小型ながら付いているので仏具を祀れる優れものミニ仏壇です!

ご本尊はダウンライトで照らせるタイプもあります。

ミニ仏壇 激安も多数!家具調ミニ仏壇 紫檀色・ライトブラウン色 2色対応 小型仏壇 16号 コンパクト モダン仏壇 省スペースが13,000円(税込) 送料無料

ミニ仏壇 通販は送料無料で今すぐスマホ購入できます!例えばタモ材の統一感あるモダン仏壇【蓬莱:ほうらい シックブラウン 18号】小型仏壇 ミニ仏壇 送料無料 39,800円(税込) など

ミニ仏壇 おしゃれな壁掛け壁壇には灰の不要な仏具セット付!壁掛け仏壇 モダン仏壇 ミニ仏壇 壁壇14号 かべだん 仏具「ゆい花(筒香炉)」 「たまゆらりん」セット118,000円(税込) 送料無料

ミニ仏壇 位牌、手元供養や分骨用のミニ骨壺などミニ仏壇用位牌がイメージにもピッタリですね・・・

浄土真宗本願寺派ミニ仏壇

真宗大谷派 ミニ仏壇

モダン仏壇はインテリアの様にモダンな風合い!

インテリアに近いモダンなお仏壇なら洋室にもピッタリ!

送料無料で床置き仏壇は家具調インテリア高品質でデザインも違和感なし!

パーソナル仏壇なら置き場所最小限で可能。

移動も楽なコンパクトさが求められる現代調の仏壇はリビングにも置ける

購入に不可欠な口コミや人気ランキングも分るネット通販なら仏壇価格もすぐわかります。

何より便利で役立つたくさんの仏壇情報が仏壇通販には迷うほど・・・

白木に漆塗りされている金仏壇は緊迫や金粉で飾られています!

数ある仏壇種類でも塗仏壇の金仏壇は唐木仏壇の名前で。

豪華な蒔絵や彫刻が施されています。

浄土真宗では金仏壇や塗仏壇が多いのですね・・・

全国8,000件以上の仏壇・仏具店からご希望の仏壇をご紹介

浄土真宗本願寺派の仏壇

浄土真宗本願寺派(西本願寺派)と真宗大谷派(東本願寺派) 仏壇や仏像、脇侍や仏具の特徴

浄土真宗本願寺派

浄土真宗は、極楽浄土の素晴らしい教えを広めるため金仏壇を用いた説もあり、

金仏壇が多い傾向があります。

すべてが金箔で屋根は一重

阿弥陀様の掛け軸もしくは仏像をご本尊

仏像は頭と体の後ろから光が差している立像

掛け軸は絵の上部に8本の後光が差す立像

脇侍は、

一番上の段のご本尊を中心に

蓮如上人(向かって左側)

親鸞上人(向かって右側)

をお祀りし、ご本尊の前に仏器を置きます。

仏壇専門店や菩提寺に相談確認されるといいですね・・・

灯籠と瓔珞は天井に飾る

中段は

前卓天井の下に打敷きを挟んで

上に火立・花立・土香炉を安置。

両脇は供花を置き、

一番下の段に過去帳を用意

マッチ消しやリンなど仏具は経机の上!

浄土真宗の特徴は、位牌がない

ご本尊は阿弥陀如来で信じれば誰もが仏になれると

約束される他力の教えから来ています。

没後あの世で仏になれるように祈る必要がないからです。

個人お名前や没年月日などは過去帳に記しお祀りします。

故人が無くなった時点で仏になられていますから

お酒や水のお供えもしません。

水分は仏具の華瓶(けびょう)でお供えします。

本願寺派の正式仏具は、

宣徳色の花立・灯立・香炉の三具足、

もしくは花立と灯立各一対と香炉の五具足が基本となります。

本願寺派の正式仏具は、

宣徳色の花立・灯立・香炉の三具足、

もしくは花立と灯立各一対と香炉の五具足が基本です。

地域やお寺で異なることもあり

近年は仏壇安置場所から種類デザイン~大きさ~好みなどに

仏具も合わせ選ぶ方も多くなっています。

仏壇専門店や菩提寺に相談確認されるといいですね・・・

灯籠と瓔珞は天井に飾る

中段は

前卓天井の下に打敷きを挟んで

上に火立・花立・土香炉を安置。

両脇は供花を置き、

一番下の段に過去帳を用意

マッチ消しやリンなど仏具は経机上!

地域やお寺で異なることもあり

近年は仏壇安置場所から種類デザイン~大きさ~好みなどに

仏具も合わせ選ぶ方も多くなっています。

仏壇専門店や菩提寺に相談確認されるといいですね・・・

真宗大谷派

真宗大谷派(東本願寺派)

仏壇は柱が黒塗りで屋根が二重

モダン仏壇

コンパクトなサイズが多いモダン仏壇はマンション住まいの方に選ばれています!

モダン仏壇とはデザインが洋風の仏壇です。

洋風の建物が多いマンションにモダン仏壇は自然と調和しますね・・・

部屋全体にモダン仏壇が溶け込みインテリアの様に感じれます。

普通1m以上の仏壇に対してコンパクトサイズのモダン仏壇なら30cm~50cmとスペース確保に困らないと言えます。

モダン仏壇のコンパクトタイプなら重さも軽く12KG 程度なので女性にも移動可能なお手軽タイプです。

モダン仏壇で30cm程度なら重さは7から8㎏程度

もちろんモダン仏壇と言っても普通の仏壇より少し小さめの60cm~90cm程度のお仏壇もたくさんあります。

モダン仏壇でも扉付きとシンプルな扉無しタイプもあり、お写真を飾ったり思い出深い好物を置いたりと、感覚的には普通の仏壇と変わらない点が好感度で人気の理由でしょう。

モダン仏壇とはいえ、仏壇台があれば小さくても立派なお仏壇です。

いずれにせよマンションでも戸建て住宅でも

置き方とスペースの確保から最適な仏壇を選びましょう!

コンパクトサイズのモダン仏壇でも大きさにはかなりの差異があるので置けるスペースを確保してからお仏壇設置サイズを選ぶ必要がありますね・・・

お仏壇の置き場所は和室かリビングか?

置き場所が決まればスペースに合わせて無理なく置ける仏壇を選びましょう!

また同じ部屋に神棚がある場合は向かい合わせにならないように少しずらして設置するとよいでしょう。

仏壇セット10万~300万円台

仏壇店の仏壇セット

モダン仏壇

木目はぬくもりがあり落ち着いたモダンミニ仏壇くるみダーク16号~20号くるみ材の無垢の重厚感ある扉の木目が美しい

場所を取らないコンパクトな設計は最近の住宅事情を考慮!

セット価格には、仏具一式と付属品が全部ついています(メモリアル仏壇)

選べる仏具一式と選べるリンセット・付属品一式がコミコミのセットです。

唐木モダンミニ仏壇

唐木モダンミニ仏壇の威風 本紫檀 上置き20号です。

フローリング仕様で扉部分は重厚感が際立つ三方練りを採用

欄間部分に梅のレザー彫りで須弥壇中央部分にみかげ塗りなど、

本黒檀を多く使った珠玉の一品!

モダン仏壇アントワネット50×21号

宝石のような輝きで人を魅了するモダン仏壇アントワネットは、色合いは落ち着いているがスモークガラスが鍵穴のようなモダンな仏壇

皇室御用達が手掛けた本尊背板と須弥壇部分は手作業による金箔が貼られています。

立体感ある欄間や輝く本金箔の本物の輝き!

ひき易い取っ手や有効活用できる収納など高級感あふれるモダン仏壇はダウンライトの光でご本尊を一層壮厳にします。

金宝堂やメモリアル仏壇の購入詳細はコチラから←

仏壇値段

仏壇アウトレット的仏壇値段が安い仏壇店がおすすめ 金宝堂やメモリアル仏壇など仏壇屋なら仏壇サイズも豊富!

仏壇値段が手ごろな仏壇屋で購入するのが仏壇購入の鉄板だ!

仏壇価格が高い仏壇仏具店の仏壇は仏壇サイズが大きすぎて部屋に入らない!運搬できない

生活空間を脅かす豪華すぎるバカでかい仏壇は長期的に廃棄も処分もできない無用の長物になりかねない?

我が家の生活を改善できる適切な仏壇サイズ選びが重要なのです!

仏壇安い

仏壇 アウトレット仏壇アウトレット仏壇安い 安い仏壇買うなら仏壇アウトレット

店舗

購入

仏具

仏具 仏具

位牌

位牌 位牌

葬式

仏事

仏事 仏事

【選び方】マンションに置きやすい仏壇はミニ仏壇?壁掛け仏壇?

マンションに仏壇を置きたい、けれどもスペースが…

大切な方が亡くなり、49日を迎えるまでに新しい仏壇を購入したいとき、迷ってしまうのが仏壇のサイズや大きさ。

広い田舎の一軒家では大きく立派な仏壇を置くことも可能ですが、間取りに制限のあるマンションでは、寸法の大きな仏壇を置くことにしばしの躊躇いが生まれます。

・見栄をはって購入したものの…

都内の2LDKのマンションに住む林さん(仮名)。

奥さんを病気で亡くされ、新しい仏壇を購入しようと決意。カタログを見て一目ぼれした、大きな造りの仏壇を注文しました。

重々しい雰囲気の仏壇は立派で堂々とした雰囲気。「コレこそ我が家にふさわしい」と思って仏壇を迎えたものの、大きな仏壇がひとつ住まいに加算されたことで、今までゆとりのあったリビングスペースが、とんと窮屈な住まいに…。

リビングの窓際に仏壇を置いたため、日当たりが悪くなり日中でも灯りをともさなければ生活できなくなりました。

ベランダに出て洗濯ものを干すのも大変になり、大きな仏壇に圧倒されながら、不自由すぎる1日を送っています。

「親戚や娘の手前見栄をはって立派な仏壇を買ってしまったが、もう少し小さなものを購入すれば良かった」と後悔しています。

一度購入した仏壇は仏壇への思い入れもあり、なかなか他のタイプに買い替えできないことも多く、できれば後先後悔しないしっかりとしたモノを選んでおきたいもの。

たかが仏壇、されど仏壇と思わずに「自分の住まいに合ったタイプを吟味しておくこと」が重要になります。

最近のブームはミニ仏壇や壁掛け仏壇

・省スペース、わずかな場所に置ける

・洋室と和室、どちらでも合う

・宗派の制限がない

ミニ仏壇の良いところは色々あります。

まずひとつ目は、マンションのような狭さの気になる物件でも、気持ちよく置くことができること。

たんすやサイドボードの上に置いて飾ることができる小さな仏壇は、凛とした気品もあり華やかです。

大きな仏壇と比べて圧迫感が少ないため、和室や洋風のオシャレな佇まいにもすんなり馴染んでくれます。

「ミニ仏壇は、どの宗派でも置いていいの?」とよく聞かれるのですが、仏教を信仰している方であれば特段宗派の区別はありません。お位牌やお線香・供花を自由にレイアウトできるので、故人の方を偲んだ思い入れのある仏壇にすることができます。

最近は壁掛け仏壇も人気

マンション住まいの方に特に好まれているのが、壁掛け仏壇です。

専用の工具を壁に取り付けて、マンションの好きなところに自由に設置できます。床に直置きしなくて良いため、ホコリなどがたまりにくく、スペースを有効活用できます。

扉を閉めておけば、普段はモダンなインテリアとして住まいをクールに魅せてくれます。

ナチュラルな木製の扉、スタイリッシュなブラック色の扉など、選択肢も豊富。年代を問わずに置くことができるため、これまでの既成概念にとらわれない弔い方ができます。

都会の小さな住まいにぴったりハマるのが、今までのサイズよりひと周り・ふた周りも小さなコンパクト系の仏壇です。

マンションに置く仏壇、注意点は?

ミニ仏壇のメリットとは?\

小さなミニ仏壇か壁掛け仏壇には、それぞれの良さがあります。

マンションに小さな仏壇を置くときの注意点はあるのでしょうか?

壁掛けタイプのDIYは念入りに

壁掛けタイプの仏壇を置くときは、なるべく強固な壁を選び設置をおこないましょう。

ネジが緩んでいたり締め付けに甘さがあると、後々落下するリスクもあります。

ミニ仏壇と比べて一度決めたら場所を動かせないのが、壁掛けタイプの仏壇です。

置き場所は慎重に選びましょう。

お供えしやすい場所を選ぶ

仏壇を置く場所は西向きが良い…という言い伝えもありますが、あまり気にしないこと。

家族みんなが故人を想い手を合わせやすい場所に置くことが、一番重要なポイントです。

どんなに方角が優れていても、手のあわせにくい場所に置かれた仏壇は少々気の毒なものです。

家族の動線やライフスタイルを思い描いて、どこに置くのがベストなのか考えておきましょう。

開眼供養をおこなっておく

マンションに置くミニ仏壇とはいえ、新しい仏壇を置く前には開眼供養などの諸準備が必要になります。

お墓のあるお寺に尋ねて、開眼供養をおこなうよう日程調整をしておきましょう。

開眼供養をおこなっておくと仏壇に魂がきちんと入り、故人に想いをよせることが可能になります。

サイズを測っておく

小さなサイズの仏壇とはいえ、どのくらいの大きさなのか、あらかじめ知っておくことも重要になります。

特に通信販売で購入するときは、サイズや大きさが把握しづらいもの。

メジャーで寸法をメモしておくと役にたちます。

本尊

仏壇の本尊は仏像を中心に安置し掛軸や曼荼羅を掛けたりします。

本尊は宗派により安置する仏像も異なります。

天台宗

本尊は阿弥陀如来
脇掛
右→天台大師
左→伝教大師

真言宗

本尊は大日如来
脇掛
右→弘法大師
左→不動明王

浄土宗

本尊は阿弥陀如来
脇掛
右→善導大師
左→法然上人

浄土真宗本願寺派

本尊は阿弥陀如来
脇掛
右→親鸞聖人
左→蓮如上人

真宗大谷派

本尊は阿弥陀如来
脇掛
右→十字名号
左→九字名号

臨済宗

本尊は釈迦如来
脇掛
各派で異なる

曹洞宗

本尊は釈迦如来
脇掛
右→承陽大師(道元)
左→常済大師(瑩山)

日蓮宗

本尊は曼荼羅
脇掛
右→鬼子母神
左→大黒天)

仏壇についての基礎知識

仏壇!お仏壇宗派位牌から仏壇と仏具の購入の知識など

仏壇とはそもそも何なのでしょうか?

日本人の多くの方は、仏壇に慣れ親しまれている事と思います。

しかし改めて仏壇とは何かを問われると、答えに窮する方が少なくないでしょう。

仏壇には2つの意味があります。

そのひとつは文字通り仏様をお祀りする家の中の小さな寺院と言えます。

もうひとつは、先祖の魂が眠る家とでも言えるものです。

日本には仏教伝来以前から、先祖を家の中に祀る場所として魂棚というものを作り祀ると言う風習があり、それが仏教伝来により2つの意味が合体した形で今日の仏壇となったのです。

故人や先祖を祀ると言う意味で、家に仏壇がない場合には、家族が亡くなると、新たに仏壇を購入して祀るようにするのです。

一方で、仏壇には仏画等が祀られ、先にも記載した家の中の小さな寺院と言う意義があり、それが仏壇を購入した後に僧侶により性根入れを行ってもらうと宗教行事に繋がるのです。

歴史的に見れば、真言宗や天台宗と言う密教系の宗派では貴族が中心に仏教を信仰していましたが、鎌倉時代になり多くの宗派が誕生し、室町時代には次第に一般民衆も仏教を信仰するようになりました。

こうして学問であり、自己修行の色彩の強い仏教が、民衆を救済する信仰として広まると、仏画を飾ったり、仏壇を祀る事が浄土真宗等で推奨され、室町時代に徐々に広まり、江戸時代に入って一般化したと言われています。

以上が仏壇の意味とその起源です。

先に記載した仏壇の2つの意味が、今日の仏教と仏壇の関係性や習慣を生み出してきたと言えます。

仏壇はいつ購入するのが良いのでしょうか?

家に仏壇がなく、家族が亡くなったタイミングで仏壇を購入しようと考える方も少なくありません。

そんな時には、いつ仏壇を購入して祀るのが良いのでしょうか?

葬儀が終わると、故人の骨壺・白木の位牌・遺影等を白木の机に祀り、花や線香やろうそくを灯して故人を祀ります。

この状態で祀られるのは一般的に四十九日の忌明けまでで、四十九日が過ぎると白木の位牌や白木の机は葬儀社に引き取ってもらい、処分してもらう事になります。

従って、この時から前項で記載した故人や先祖の魂を祀る場所がなくなる事になります。

こうした点から、四十九日前に購入しておき、四十九日法要を終えれば、僧侶に性根入れをしてもらい、そこに黒塗りの本位牌を祀る様にするのが良いのです。(浄土真宗では白木の位牌は使いますが、本位牌は作らないのが一般的で、過去帳のみで代用されます。)

新たに購入した仏壇は性根入れをしてもらうまでは、仏壇の形をしたただの箱とも言えます。

仏壇の中に納められている仏画等の仏様に魂を入れて始めて仏様を祀る仏壇としての意味合いが始まるのです。

寺院のお堂が新たに建設されたような場合に、本尊をお堂に安置して開眼供養を行いますが、これと同じ意味の儀式と考えると良いのです。

以上説明した仏壇を祀るタイミングと、それにまつわる儀式は、正に前項で記載した仏壇が持つ2つの意味・意義を考えれば理解し易いと思います。

もちろん、個人の考え方で、仏壇を祀らないと言う選択もあるでしょう。

しかし子供や孫が、先祖を大切にする気持ちを持ってくれるように育てたいなら、数万円の安いものでも仏壇を置くようにしたいものです。

仏壇と仏具の購入について

仏壇には伝統的な形式を維持しつつ、色々と現代的なアレンジを加えたものは市販されています。

伝統的な色合いが強い仏壇としては、金箔や金粉を施した漆塗りの金仏壇、黒檀や紫檀などの銘木を用いた唐木仏壇があります。

しかしこうした仏壇は高価な上に、一般の住宅の内装にフィットしないため、インテリア性が高くて住まいに合う仏壇として都市型・家具調仏壇を購入される方が増えています。

都市型・家具調仏壇には、仏壇と置台がセットになったものと、整理ダンス等の上にも設置できる仏壇部分のみのタイプがあります。

また最近では、この都市型仏壇の中にはモダン性やデザイン性を一層高めたものが増えており、仏壇は何となく暗くて嫌だと言った感じを完全に払拭しています。

しかし宗派によっては仏壇の形式に厳しい宗派もあり、購入時には仏壇店に宗派を伝えて色々とアドバイスをもらって購入する事が大切です。

また一般的に本尊として小さな掛け軸様の仏画が飾られますが、これも宗派によって異なり、浄土真宗は阿弥陀如来ですが、大谷派と本願寺派でも細かい違いがあるので注意が必要です。

また仏壇を祀るには、仏具が必要です。仏壇と仏具は一般的にセットで売られているものではなく、仏壇を最初に選び、それに最適な仏具一式をお店の方に出してもらうのがお勧めです。

仏壇店が近くにない場合には、通販で購入すると言う方法もあります。

その場合には、実店舗を持っていて、色々と電話やメールで相談できる専門家のいる店のサイトを利用して購入されるのが無難でしょう。