仏壇の選び方と重視する3つのポイントとは?

いい仏壇おすすめの5つの理由

・クーポン、資料請求、お問い合わせ、各種相談はすべて無料
・クーポン発行数10万件突破(2018年2月現在)
・最大10万円分のギフトカードをプレゼント
・お近くの仏壇店の口コミが見つかる
・上場企業の運営だから安心
全国8,000件以上の仏壇店から貴方のご希望の仏壇をご紹介

仏壇の選び方と重視するポイントについて

仏壇を購入する前に確認すべきこと

仏壇には、実は2つの意味があります。
仏様をお祀りする、家用の小さなお寺という意味と、仏様の家、という意味を持ち合わせているのです。
しかし、最近ではこれに加えて家や部屋の雰囲気に合わせ、洋風の仏壇を選びたいという人も増えており、インテリアのような意味合いを兼ね備えたいと考える人も少なくはありません。
仏壇を購入する場合、一般的には四十九日の法要までに購入するという人が多いです。
四十九日の際に白木の仮位牌を黒塗の本位牌に交換し、仏壇にお供えするのです。
しかし必ずしもこのタイミングで購入しなければいけないというわけではありません。
先ほども述べた通り、仏壇にはインテリアのような意味合いもありますので、最近では引っ越しをする際などに購入するという人も増えつつあります。
仏壇を購入するときには、宗派によって注意するべきポイントが変わってきます。
そのため、仏壇を選ぶときには亡くなった人と自分の関係、そして宗派等についてしっかりと確認をしておきましょう。
また、仏壇をどこに置くのかということも決めておかなければいけません。
かつては仏間に仏壇を置く家が多かったですが、最近ではそもそも仏間を設けないという人も少なくありません。
例えばリビングに仏壇を置く人もいますし、和室に置くという人もいます。
落ち着いた清潔な場所を選びましょう。
家族が集まりやすい場所を選ぶという人が多いです。
あまりにも直射日光が当たる場所や湿気の多い場所等は仏壇を痛めてしまいますので避けるようにしましょう。

仏壇の種類は3種類!

仏壇の作りには金箔、唐木、家具調の3種類があります。
伝統的な、金色に輝く仏壇は金箔です。
木目調の落ち着くデザインが施されたものは唐木、そしてインテリアや家の雰囲気に合わせたものが家具調になります。
さらに、伝統的な床に置くタイプのものもありますし、家具などの上に設置できるようなデザインになっているものもあり、特に最近では様々な選択肢があります。家のどこに設置するのかということを決めたら、その場所に合う雰囲気のものを選びましょう。これでなければいけないというものはありません。
さらに材質によって色合いも異なってきます。
紫檀、ケヤキなど、明るい色合いのものもあればそうでもないものもあります。
仏壇はどこに設置するか決めたら、部屋の雰囲気や自分の好みを合わせて色合いを決めましょう。
そして大切なのが予算です。
全国平均予算は仏壇仏具を全て合わせて約500,000円と言われています。
しかし、場合によってはもっと安い方が良い、もっと高くても良い、ということがあるでしょう。
そのような場合は仏壇店において店員さんに伝えれば問題ありません。
材質などによって異なりますので、予算に合ったものを選ぶことが重要です。
値段の差は、木の加工や材質などによって異なります。
例えば外国産のものは安くなりますし、国産のものは高くなります。
また彫りに関しても精巧な彫りの方が値段が高くなり、伝統的な仏壇の方が値段が高いです。
経済産業大臣によって伝統的工芸品として認められている仏壇がありますが、それは最高級品となり、500,000円で購入することはできないでしょう。

仏壇の展示会に行ってみよう

仏壇を購入する時、もしも展示会等があればそれに行ってみても良いかもしれません。
最近では都市化が進んだことにより、仏壇をおかないという家族も増えつつありますが、その一方で家族団欒の場に必要であると考え、仏壇を購入する人も増えています。
どの仏壇が良いか悩んだら、展示会などに行ってみると良いかもしれません。
まず、仏壇というのは家具とは違います。
ダメになったから何回も買い換える、というものではなく、いちど購入したらしばらくはその仏壇を使う必要があるのです。
ですから、後で後悔しないような選択をしたいですよね。
実は、毎年仏壇業界の関係者が参加できる仏壇仏具店の展示会というものが行われています。
ホームページ等にも載せられていますが、これは業界の人たちがその展示会に参加し、どの仏壇仏具を自分のお店に置くかどうか選ぶことができる、というものです。
それに対し、一般の人たちが入場できるものは毎年、夏に東京のビッグサイトで開催されるエンディング産業展というものです。
秋には大阪で開催されています。
仏壇だけではありませんが、人生に関わってくる様々な企業が集まっている総合展示会ですので、仏壇仏具店を見たいという人にもお勧めです。
展示会に行くと、何よりもいちどにたくさんの仏壇を見ることができるというメリットがあります。
先ほども述べた通り、仏壇の予算は大体500,000円であり、決して安い買い物ではありません。
だからこそ後悔しない選択をしたいものです。
また、複数の店員に質問をすることができます。
確かに一般的な仏壇仏具店で質問をすることもできますが、多数の店舗のスタッフに質問することにより、わからないことがより明らかになると言っても良いでしょう。
本当に自分の思いを汲んで仏壇探しを手伝ってくれる店員さんに出会えるかもしれません。