仏壇購入と作法!生前に仏壇を購入すると早死にする?

いい仏壇おすすめの5つの理由

・クーポン、資料請求、お問い合わせ、各種相談はすべて無料
・クーポン発行数10万件突破(2018年2月現在)
・最大10万円分のギフトカードをプレゼント
・お近くの仏壇店の口コミが見つかる
・上場企業の運営だから安心
全国8,000件以上の仏壇店から貴方のご希望の仏壇をご紹介

仏壇購入と作法について

仏壇購入の時期は何時頃がいいのか?

仏壇の購入時期は明確に設定されておらず基本的には何時購入をしてもよい訳でして、仏壇を購入したいと思ったそのときこそが購入時期になります。
仏壇を購入する際、新規購入であるか、買い替えをするかのどちらかになりますので仏壇を購入したいと思ったそのときに購入をすると良いでしょう。
主な仏壇を購入したいと思えるタイミングについてですが、すでに仏壇が自宅にある方の場合は、住居を新築にした際、自分たちの住居だけではなく亡くなった方の住居でもある仏壇を新しく買い替えるといった理由で仏壇を買い替えます。
身近な方が亡くなった場合に置いては故人が仏様になる四十九日を目標に仏壇を購入しますが、中にはじっくり仏壇を選びたい方もいらっしゃいまして、そういった場合は一周忌を目安に仏壇を購入しても問題はありません。
また、仏壇を生前に購入してもよいかどうかという問題が一時期日本人の間で話題となり、生前に仏壇を購入したら早死にするという話がありましたがそのようなことはありませんので安心してください。

仏教の教えで寿院という作法がありまして、生前に仏壇を購入して安置することで長寿を約束されるという教えがありますのでまったく問題はありません。
この生前に仏壇を購入すると早死にすると言う考えは仏壇=死者の居るべき場所として忌み嫌う人間の性質から出た迷信であると言えますので生前に仏壇を購入して自宅に安置することについてはまったく問題はありません。

生前の仏壇購入のメリットデメリット

では生前の仏壇購入についてメリットを紹介しつつデメリットについても紹介をしてみましょう。

まず、仏壇を生前に購入するメリットですが、こちらは、納得の行く仏壇に遺骨を納めてもらえるという点が最大のメリットになります。

生前に仏壇を購入しておくことで間違いなくその仏壇に家族の方が遺骨を安置してくれるでしょうから、亡くなる可能性がある方も安心することができます。

他には生前に仏壇を購入するのは仏教の教えの中にある寿院の作法に従いますと長寿を約束されるとされていますので長く生きられると言うことにも繋がります。

寿院については仏教である精神論や宗教学になりますので個人が仏教の教えを信じているかどうかなどがメリットになりますので個人によってはメリットに感じない場合もあります。

ですが、自分が死んだ死後、魂の宿る場所があるという安心感については皆さん誰でもメリットとして感じることでしょう。

では、デメリットを紹介しましょう。

デメリットですが、やはり、生前に購入するわけですから住居の居住スペースを圧迫しかねません。

特に仏壇は大きいものが多く住居のスペースを圧迫すると言う問題があります。

また、親戚などから生前に仏壇を購入することで死人でも無いのになぜ仏壇が居ると言うようなことを言われることもありますので場合によっては親戚と縁を切られてしまうこともあります。

この縁を切られる可能性が最大のデメリットになるでしょう。

親戚の方の中には仏教の教えである生前に仏壇を購入する寿院についてあまり快く思わない方もいますから事前に家族だけではなく親戚に相談することをお勧めします。

仏壇購入後の魂入れの作法と必要性

仏壇購入後の魂入れについてですが、魂入れは位牌に魂を宿す作業で仏壇を新しく購入した際に遺骨がある場合は遺骨から魂を位牌に移す作法をします。

こちらの作業は亡くなった方が仏様になる四十九日か一周忌に行う作法になります。

ですので、家族の方の誰かや親戚の誰かがなくなり、遺骨になり四十九日までの間に仏壇を購入してなくなった方の魂が宿る場所を用意することが重要です。

すでに仏壇もあり位牌もあり、お墓に遺骨を納骨している方の場合については、新しく仏壇を購入する際は古い仏壇から魂を抜き取る作法、魂抜きをして新しい仏壇に魂を入れる魂入れの作法をします。

古い仏壇から新しい仏壇にする際にはお坊さんに来てもらい魂抜きと魂入れの作法により魂を再度古い仏壇から新しい仏壇へと写す作法をすることが仏教の作法になりますので必要な作法になります。

この魂抜きの作法と魂入れの作法をすることで初めて仏様が新しい仏壇へと宿ります。

なおこれらの作法については近年ではインターネットからお坊さんに魂抜きと魂入れをして貰うことができまして魂抜きと魂入れセットで執り行ってもらうことができます。

ちなみにこの魂を抜くといった作法ですが日本独自の仏教の考え方でして本来の仏教の所期と呼ばれるスッタニパータでは魂を抜くといった作法自体が存在せず、日本の仏教に置いては死者を大切に弔わないと罰が当たるといったことから生まれた作法が魂抜きと魂入れの作法ですので宗教によっては魂の概念が無いため仏壇を必要とする宗教であっても宗派によっては魂抜きのみ執り行わない宗教や宗派もあります。