仏壇を新規購入するタイミングと仏壇の意味・意義

いい仏壇おすすめの5つの理由

・クーポン、資料請求、お問い合わせ、各種相談はすべて無料
・クーポン発行数10万件突破(2018年2月現在)
・最大10万円分のギフトカードをプレゼント
・お近くの仏壇店の口コミが見つかる
・上場企業の運営だから安心
全国8,000件以上の仏壇店から貴方のご希望の仏壇をご紹介

xxx
葬儀を終えると骨壺は白木の経机に、白木の位牌、線香、ろうそく、花等を供え祀ります。
この状態で正式には初七日以降、7日毎に7七日に当たる四十九日法要を営むまで故人を弔う事になります。

仏壇を新規購入するタイミングについて

宗派によって考え方は異なりますが、四十九日を持って故人の魂は極楽浄土に移るとされています。
このタイミングで遺族にとっては忌明けとなり、香典返しをしたり、形見分けをしたり、遺品整理を始めたり、気持ちも新たな段階に移行すると言えます。
また故人の祀り方も、四十九日をもって白木の経机に白木の位牌や骨壺を置き、線香やろうそくやお花を供えると言う形から、仏壇に朱塗りの本位牌を供えると言う形に変わり、白木の経机や位牌は葬儀社等に引き取ってもらい、処分してもらう事になります。
従って、遺族のお宅に仏壇がなく、新規に仏壇を購入される場合には、四十九日法要までに購入・準備し、四十九日法要が終わった後、お寺さんに仏壇に性根入れをしてもらい、塗りの位牌を仏壇に供え、骨壺を仏壇の前に置いて故人を弔えるようにお祀りするのが良いと言えます。
百か日法要や一周忌法要等は、この仏壇を前にして営めるようにするのが必要です。
故人を弔い偲ぶには、小さな机に遺影を飾り、線香を手向け、花でも飾る様にすれば、十分だと考える方もおられるでしょう。
こうした考え方でも故人を偲ぶと言う意味では問題はないかも知れませんが、仏壇には次項で記載する意味があり、信心深い仏教徒でなくても、仏教徒として仏壇を祀る方が多いのです。

仏壇の意味・意義について

仏壇にはそれぞれの宗派により、ご本尊とされる仏様の仏画が飾られています。
この事は、仏壇が小さな寺院としての意味を持つ事を示しています。
仏壇は故人を祀ると共に、本尊を祀る家庭内の寺院の意味があり、宗派によって意味付けは異なるでしょうが、仏様の側で故人が眠っている場所と考えると理解し易いでしょう。
この様に、仏壇には故人を偲び、弔い、手を合せせる所と言う意味と共に、小さなお寺と言う意味があります。

従って仏教徒なら仏壇を置いて、故人を偲ぶと共に、仏様に触れる身近な場所とするのが良いと言えるのです。

各家には仏教の宗派を守り伝えているケースが多くても、檀家として寺院に奉仕をしたり、熱心に寺院にお詣りする方は少ないのが現実でしょう。
しかし仏壇があれば、寺院にお詣りしなくても、仏様や仏教を感じる機会を得られ、まさに仏様とのご縁を繋ぐ事が出来るのです。
そうした意味で仏壇がある事が望ましいと言えるのです。
また埋骨・納骨を済ませると、お彼岸やお盆にはお墓参りをするのに、わざわざ家の中に仏壇がある意味が分からないと言われる方も少なくありません。

仏教の多くの宗派では故人の魂はお墓にあり、お盆にお墓参りをするのは、故人やご先祖様を家に連れて帰る行事だとされています。
お盆の時に家に戻って来る魂は、仏壇に戻って来られると考えると理解し易いでしょう。
そしてお盆が終わると、送り火でその魂をお墓に戻すのです。

仏壇には、そうした意義があり、ご無沙汰しがちなお寺へのお参りや、お墓へのお参りを仏壇に手を合せる事で簡易的に済まさせてもらっていると考えれば、やはり仏壇はあった方が精神的に救われると言えるのです。

仏壇の種類と購入方法について

前項で仏壇の購入時期と、仏壇の意味・意義について書きましたが、ここでは仏壇を購入する際の参考に、仏壇の種類や購入方法について説明します。
仏壇の種類は、一般的に金仏壇唐木仏壇家具調仏壇に大きく区分されます。
金仏壇は白木を漆で仕上げ、金箔や金粉で装飾を施した仏壇の事で、一般的に各宗派の本山寺院の姿を模しており、宗派によって内部の造りが異なっています。

金仏壇は特に浄土真宗で多く用いられて来た仏壇です。
唐木仏壇は、本来は黒檀や紫檀などの輸入銘木で作られた仏壇を指しますが、ケヤキや桑などの国産銘木を使ったものも唐木仏壇と呼ばれる事も少なくありません。

木の持つ美しい木目を活かした仏壇で、最近では白木に塗装を施したり、木目を印刷したり、シートを貼った唐木調仏壇と呼べるような仏壇も多数販売されています。

最近、購入される方が増えているのが家具調仏壇と呼ばれるものです。

金仏壇や唐木仏壇はいかにも昔ながらの仏壇と言う印象がするもので、仏間があるようなお宅には良くても、最近の住宅事情や住宅の内装等には少し不釣り合いと言えます。

こうした日本人のライフスタイルの変化に対応して、自由でモダンで都市生活にフィットした一見家具の様に見える仏壇として人気を博しているのです。

家具調仏壇には仏壇本体と置台がセットになったものや仏壇本体部のみで、既存の家具の上に置ける仏壇があります。またサイズも様々なものがあり、小さなサイズなら価格もそれほど高くなく、狭いお宅で小さなサイズを選べば置き場は見つける事が出来るはずです。

こうした仏壇は、仏壇仏具専門店で購入するか、そうしたお店のネット通販で購入する事が出来ます。

仏壇と共に、本尊の仏画や仏具を別途購入する必要があります。

本尊の仏画等は宗派によって異なるため注意が必要です。

さらに仏壇への位牌や仏具の置き方は仏壇・仏具店のHPを見れが記載されているので、それを参考にされると良いでしょう。

仏壇の種類やサイズは好みで選定し、仏壇は家庭内の小さな寺院である意味から、ご本尊だけは宗派に応じた仏画等を選ぶ事がポイントと言えます。