仏壇価格はいくら位?今と昔の比較

いい仏壇おすすめの5つの理由

・クーポン、資料請求、お問い合わせ、各種相談はすべて無料
・クーポン発行数10万件突破(2018年2月現在)
・最大10万円分のギフトカードをプレゼント
・お近くの仏壇店の口コミが見つかる
・上場企業の運営だから安心
全国8,000件以上の仏壇店から貴方のご希望の仏壇をご紹介

現在と昔の仏壇価格はいくら位?
昔の仏壇の相場としては田舎に行くと見られる仏壇ですと大体で30万円から50万円くらい、高いものだと100万円以上になりますが平均としては30万円から50万円が相場です。

昔の仏壇価格の相場は?

これには理由がありまして昔ですと田舎のほうですと土地が広いため大きな仏壇を備え、先祖を供養すると言う風習が根強くあったため、ご先祖を供養する気持ちの表れとご近所の方々に対する見栄と言うこともあり、結構長くの仏壇を購入している方々が多くいました。ですが時代も変化していき、田舎のほうでは人口が減少したため、仏壇やお墓の管理を継承してくれる人たちが居なくなってきていますので仏壇の購入価格に変化があり、田舎のほうでも近年では価格の低い海外産の仏壇を設置する家庭が増えています。海外産の仏壇は大きさ的には30万円から50万円、もしくは100万円で売られているものと大差なく、見た目も十分日本の仏壇と変わりません。しかし、仏壇を開いた際の装飾が日本とは違い、装飾がされていなかったりしますから仏壇を開けた際に海外産であると分かることはあります。海外産と日本産の仏壇の違いは技術料に大きな差があり、海外の仏壇ですと日本とは違い伝統技術などで仏壇を作っていませんので技術料は低く値段は抑えられます。一方、日本産はと言うと技術料金が大半を占めていまして豪華な装飾や細かな細工を施してあるものほど高額な値段の仏壇になります。田舎ではこれらの高価な仏壇を購入しても継承してくれる人がいないことが現在の問題となっており,そのため、海外の割安な仏壇を購入する家庭が増えています。

現在の家庭の仏壇購入費用はいくら位?

現在の家庭の仏壇購入費用ですが都市部の方の見に限定しますと、8万円から20万円程度の上置き仏壇になります。都市部ですと限られた室内スペースになり、マンションに住む方ですと置き場所を確保することが難しくなるため、上置き仏壇が主流になっています。この仏壇は最近の住宅事情に合わせた設計をされている仏壇で家具や、棚の上に設置することが出来る仏壇でデザインも洋室や和室、両方に合わせたデザインがされているのが特徴です。現在の住宅事情ですと田舎の土地の広い住宅ではない限り大きな仏壇を設置することは難しくなっています。また、仏壇の管理と継承を考えると小さい仏壇を購入しておいたほうが後々、家庭環境が変化した際でもその住宅に取り入れやすいと考えられているため、上置き仏壇が人気のある仏壇になります。また、近年では、上置き仏壇とは違う、ミニ仏壇という仏壇も販売されており、こちらは上置き仏壇よりも小さい仏壇であるか同程度の仏壇になり、機能性につきましては基本最低限の機能性がある仏壇になります。これらの仏壇が生まれた理由は現在の日本の住宅事情によるものですが、仏壇もお墓と同じ様に管理をしなければならず、引越しや住宅を新築する際、移動させることが簡単な仏壇のほうが良いという事情もあり、近年の日本ではよく使用されている仏壇になります。田舎のほうですと見に仏壇を見ることについてはあまり見かけないことが多く、その理由としては地域の方々の考え方が大きな仏壇で先祖を祭ると言う考えが根付いているものだと思われます。

相続放棄と仏壇承継について

遺産を相続することと仏壇を継承することを同じだと考えている方がいますが厳密には違います。遺産は遺産で相続をし、仏壇の継承につきましては、祭祀財産という名目で遺産相続とは別の問題になります。相続放棄をする場合ですが、こちらは亡くなった人の遺産の中に借金がある場合、相続を放棄することが出来ます。ただ、相続を放棄したマイナスの遺産ですが次の兄弟家族に移行しますので注意が必要です。逆に祭祀財産につきましては継承をしたい人がいれば誰でも継承をすることができます。ちなみにこの相続誰でも継承することが出来るのですが、これは亡くなった方が生前に祭祀財産であるお墓や仏壇の管理を他人に任命したりするとその人がお墓や仏壇の管理人になれるということでもあります。ですが、まず自分の亡き後、お墓の管理や仏具、仏壇の管理を他人に任せるということはよほどのことがない限り起こることではなく、大半の場合は生前に祭祀財産の指名をしていない場合でも、家計図などに従い、長男が祭祀財産を継承してくれるのが決まりになっていますのでそこまで自分がなくなった後、自分のお墓と仏壇の管理を誰がしてくれるのかを心配する必要はないと思われます。どうしても心配な方は生前のうちに祭祀財産を誰に与えるかを決めておき任命した人も自分が管理者でよいかをお互いで決めておくと良いでしょう。そうしないと任命をして自分がなくなった後、祭祀財産の継承を断られるケースも存在しています。ですから生前のうちに祭祀財産の継承をしてくれる候補を探しておくことが重要になります。