いい仏壇おすすめの5つの理由

・クーポン、資料請求、お問い合わせ、各種相談はすべて無料
・お近くの仏壇店の口コミが見つかる
・上場企業の運営だから安心
全国8,000件以上の仏壇店の仏壇詳細がわかる

仏壇を購入するタイミングについて

仏壇はいつ購入したら良いのか

仏壇というと、誰かが亡くなったら購入するものと思っている人もいるのではないでしょうか。同時に、仏壇はそもそも先祖代々のものがあるから購入する必要はない、と思っている人もいるかもしれませんね。
仏壇は引越しの時などに買い替えることもありますし、誰かが亡くなって新たに購入するという場合はお彼岸やお盆に合わせて購入することもあります。いずれにせよ、いつ購入しなければならないと決まっているわけではありません。
ただし、喪服などと同様、「何もないのに仏壇を購入したら新仏が出る」「縁起でもない」などと思う人もいるのではないでしょうか。何もない時に喪服を購入することで誰かが亡くなった、などということを恐れる人も少なくはありません。しかしこのような考え方は全て迷信ですので、心配する必要はありません。いつでも思い立った時に購入して大丈夫です。
今までは、結婚などで家を離れた時に仏壇を購入するという考え方が一般的でした。つまり分家の時ということになります。先祖をまつり、仏様と共に生活をしていくという気持ちを持つ、ということが目的だと考えられていました。最近では仏壇の形態も変わりつつありますが、今でも子供に仏壇への供養やお参りを習慣づけている人も少なくありません。高齢の人の中には、何かをいただいたら仏壇にお供えし、それからそのおさがりをいただくという習慣を大切にしている人もいます。仏壇に対する気持ちを大切に持っていたいものです。

仏壇の予算はいくらくらいなのか

仏壇を購入しようと思ったら、予算で悩む人もいるかもしれません。このようなものはそれなりに投資しなければならないと考える人が多い一方で、節約もしたい、あまり背伸びをし過ぎたものは避けたい、と思う人もいるかもしれませんね。
一般的に仏壇の予算は50万円から60万円と言われています。ここには仏壇のみならず仏具も含みます。もちろん高額な仏壇の中には100万を超えるものもありますし、もっと安く購入できるものもあります。しかし、高ければ良いというわけではありませんし、安いからといって問題があるというわけではありません。良い仏壇であれば代々受け継いでいくことも可能ですし、自分たちの代だけのものと思うならばそれなりに節約を意識した仏壇を購入しても良いでしょう。
仏壇は80センチから100センチほどのハイチェストタイプの者、40センチから60センチほどのローチェストタイプのもの、そしてドレッサータイプのものが一般的です。そして仏壇は家具の上に置くこともできますから、例えばリビングが小さい、洋風の部屋に合わせたい、等という場合はそのような希望に合わせた仏壇を購入すると良いでしょう。タンスやテレビ台の上に置くことも可能です。家具の上におけるコンパクトのタイプのものは比較的値段が安くなることもあります。お参りできるということを意識しておけば、基本的にどのようなものでも問題はありません。自分の家庭にあったものを購入しましょう。

仏壇はどこで購入できるのか

仏壇を購入したいと思うならば、仏壇や仏具店で買うのが最もメジャーと言えるでしょう。ここならば欲しいものは何でもそろいますし、現物を見て判断することができますからイメージしやすいと言えます。また、担当者にいろいろ聞くこともできますし、特に仏壇に関してよく分からないという人は仏壇・仏具店を訪れると良いでしょう。仏具も全て一気に買い揃えることができますから、「足りない」「他のお店に行かなければならない」などということがありません。ただ、さすがにすべての仏壇が店頭に並んでいるというわけではありませんから、種類の少なさが難点になります。
通販で購入すると、とにかくあらゆる種類の仏壇から選ぶことが可能になります。さらに店頭で購入するよりも安く購入することができるという利点もあります。現物を見て判断することができないため、いざ家に届いたらイメージと違った、ということもありますが、それでも家族で選ぶことができますので、なかなか家族そろってお店に行けないという人でも安心です。ただ、送料もかかりますので値段を見て判断する時は注意が必要です。思った以上に送料がかかったために予算を大幅に上回ってしまったとなるともったいないですので、事前に値段に注意する必要があります。
事前にホームセンターや仏壇店で見ておき、良いと思ったものを通販で購入するといった方法もあります。これならば安く、欲しいものを購入することができ、後で後悔することも少ないでしょう。