仏壇の基礎知識と家庭に置く意義

いい仏壇おすすめの5つの理由

・クーポン、資料請求、お問い合わせ、各種相談はすべて無料
・お近くの仏壇店の口コミが見つかる
・上場企業の運営だから安心
全国8,000件以上の仏壇店の仏壇詳細がわかる

仏壇の基礎知識と家庭に置く意義について

仏壇の持つ意味について

亡くなった故人の四十九日法要を済ませると、それまで故人を祀っていた白木の経机や白木の位牌等の安置場所は撤去されます。
そして、一般的はそれ以降は仏壇に位牌を置き、お参りする事になります。すでに家に仏壇がある場合には、そこに祀れば良いのですが、ない場合には仏壇はこのタイミングで購入し、お寺さんによって魂(性根)を入れてもらいます。
こうした習慣は知識として持っておられる方でも、そもそも仏壇とは何かの知識を持っておられる方は意外と少ないものです。
仏壇には2つの側面があり、1つは家の中において故人の魂が居る場所であり、もう1つは家庭内における寺院と言う側面です。
仏教においてもこの考え方は日本特有のものであり、寺院である側面を示すように、仏壇には宗派のご本尊の仏画等が掲げられており、魂(性根)入れを行う理由もここにあるのです。また故人の魂を象徴する位牌を安置して、ここに眠ってもらいお参りできる様にするのです。
檀家でなければ、普段は寺院と関わる機会がありませんが、仏壇があれば寺院にお参りする機会がなくても、それをカバーして仏様のご縁に繋がる事が出来ると言う意義が持てるのです。
また年に何度かは墓参りをしても、月命日毎に墓参りが出来る方は非常に少なく、仏壇があればそこで合掌する事で墓参りが頻繁に出来ない代わりとする事が出来る意義が持てるのです。
こうした仏様との縁を繋ぎ、故人や先祖を敬いお参りする場所として仏壇を設置されるのです。

新たに購入される場合には現代モダンの家具調仏壇がお勧めです

昔から長く仏壇を受け継いでおられるお宅には、金箔が貼られた金仏壇や黒塗りやこげ茶色の塗りの唐木仏壇が安置されているケースが多いものです。
これは旧家で仏間があったり、床の間とは別に仏壇を置く場所が設けられた和室なら良いのですが最近の洋室や和モダンの部屋にはマッチしません。また金仏壇等に対しては、何となく怖いと感じる方さえおられます。
新たに仏壇を購入される場合には、現代モダンの家具調仏壇がお勧めです。仏壇本体のみで、低めの箪笥の上にでも置けるタイプのものと、仏壇と置台が一体となったタイプまで、サイズも価格帯も色々と取り揃えられており、数万円の小さな仏壇本体のタイプで良いので、やはり仏壇は家庭内に安置したいものです。
仏壇・仏具店は大きな寺院の周辺には何軒も集中してあるケースも少なくありませんが、近所にそうした仏壇・仏具店がない場合もあります。そんな時には、有名仏壇店の通販サイトから購入されると良いでしょう。
購入に当たっては、家の宗派が何であるかを明確にし、仏壇がその宗派用としてOKかを確認する事が大切です。仏壇の奥に祀る本尊の仏画等は、例えば同じ浄土真宗でも大谷派(本山は東本願寺)と本願寺派(本山は西本願寺)では阿弥陀如来は一緒ですが、後背の文様が違ったりするのです。
また仏壇と仏具は別販売になっており、仏具を購入する際には宗派に注意が必要です。実店舗なら、色々と教えてもらえるのです安心です。
通販で購入する際には、宗派に対する記載注意事項を注意して購入する事が大切です。

仏壇を置かずに位牌と遺影を飾って祀る方法について

仏壇を購入せずに、小さなテーブルや箪笥の上に、位牌と遺影とお花などを飾り、故人を弔う方法を採られている方も少くありません。
もちろん、これでも故人に想いを巡らせ、故人を偲び、手を合せる場所とする事は可能で、問題はありません。
しかし直近に亡くなった故人や、自分の両親だけならこうして祀る事も出来ますが、先祖代々に想いを巡らせるには、やはり仏壇がある方がベターと言えます。
自分の両親や祖父母、そしてその先からの血を受け継いで自分が存在するのであり、やはり先祖を敬い、先祖の供養をすると言う気持ちも持ってもらいたいもので、それには仏壇の方が向いていると言えるのです。
また冒頭に記載した様に、仏壇には家庭内における寺院の代わりだと記載しましたが、先の方法で直近に亡くなられた故人や両親を祀る方法では、寺院の代わりと言う意義を持てません。
先祖と自分の縁は仏様が与えて下さったものであり、また仏の縁を得て故人の法要に家族・親族が集う機会を与えてもらっていると考えると、やはり仏壇を安置すのがベターと言えるのです。
埋骨施設をいくら立派なものとしても、年に数回もお参りすれば良い方です。それに対して、仏壇は日々接するものであり、何かあった時に前に座り手を合せる事が出来るものです。
ネット通販を活用すれば、小さな仏壇なら非常に安価に購入する事が可能で、ぜひ仏壇を安置し、仮にお寺さんを呼ばなくても、3回忌、7回忌、13回忌と家族・親族が集いお参りをして欲しいと思います。