京都市仏壇!仏壇購入予定検討と仏壇仏具の選定

いい仏壇おすすめの5つの理由

・クーポン、資料請求、お問い合わせ、各種相談はすべて無料
・クーポン発行数10万件突破(2018年2月現在)
・最大10万円分のギフトカードをプレゼント
・お近くの仏壇店の口コミが見つかる
・上場企業の運営だから安心
全国8,000件以上の仏壇店から貴方のご希望の仏壇をご紹介

まずは、仏壇を購入する予定である背景に、
私の両親が高齢で父がかなり、耳が遠くなり、
話し辛くなっている。

母親のリウマチが悪化して、
かなり歩き辛くなっているということがあります。

家族葬か通常葬儀を含めた
その先の仏壇の購入も検討しなければいけないということで、
仏壇購入を検討するにいたりました。

まずは、仏壇及び仏具の選定にあたり、
各宗派毎の仏壇及び仏具を選定しなければいけないです。

それぞれ、宗派には、
浄土宗、浄土真宗本願寺派、真派 大谷派(東)、曹洞宗、臨済宗、天台宗、真言宗、日蓮宗、時宗等の宗派があります。

まず、自分の家族がどの宗派に属しているかということについて知る必要があります。

宗派によってどの仏壇を選択するか?
位牌、仏具、経供、仏像、掛け軸の配置が異なりますので、
まずは宗派を確認することです。

そこから、予算に見合った位牌、仏具、経供、仏像、掛け軸を購入していく流れになります。

また、宗派別データでは、
浄土真宗本願寺派 (西本願寺)約792万人
浄土宗約602万人と多く、
各宗派に分布があることも分かります。

基本的な祀り方で必要となる仏具については、
御本尊、脇侍、位牌、花立、火立、前香炉、仏飯器、茶湯器、線香差し、高月、おりんのが一般的に必要とな
る仏具です。

またそれ意外にも取り揃えておきたい仏具とは、
灯籠、経机、玉香炉、過去帳、見台、常花、仏膳椀、仏器膳、マッチ消し、香合も併せて検討するのも良い仏具でます。
様々なケースを想定して仏壇及び仏具を取り揃えていきましょう。