大分仏壇!仏壇購入は49日以降の購入がいい!

いい仏壇おすすめの5つの理由

・クーポン、資料請求、お問い合わせ、各種相談はすべて無料
・クーポン発行数10万件突破(2018年2月現在)
・最大10万円分のギフトカードをプレゼント
・お近くの仏壇店の口コミが見つかる
・上場企業の運営だから安心
全国8,000件以上の仏壇店から貴方のご希望の仏壇をご紹介

そもそも仏壇とは、なかなか寺院で参拝できない人達でも、
家の中で朝晩礼拝するためにあります。

しかし、仏壇を購入する際にどこで購入したらいいのか、
どのタイミングで購入すればいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

仏壇を購入する際に気を付けなければならないことなどを見て行きます。

新たに購入する場合、
いつ購入するのがいいのか決まりごとはないのですが、
忌明けまでは開眼供養もできませんから、
四十九日以降に購入するのがよいとされています。

購入の際にまず最初に考えなければならないのは、
仏壇は宗派によって違いがあるということです。

仏具店などに聞いて、
自分の宗派やスペースに適した仏壇を購入しなければなりません。

また、仏壇の形には色々あり、
箪笥の上などに置ける小さなミニ仏壇から、

幅が2m近くあるような大型お仏壇まであります。

仏壇は通常観音開きですから、
置き場所を考えた場合、
扉が充分に開けられるスペースを確保しておかなければなりません。

値段は大きさだけでなく、
材質などによって数万のものから数百万のものまでありますが、
中には数千万もするような仏壇もあるようです。

現在は、洋室にも合うような家具調のモダン仏壇も登場しています。

材質は漆を塗った塗り仏壇や、
木目を生かした唐木仏壇がありますが、

関西や中部地方は塗り仏壇が多く、
関東地方では唐木仏壇が多いようです。

仏壇を購入した際に、
まず僧侶に開眼供養をしてもらい、
位牌は本尊よりも一段低い位置に置くようにします。